ラオスに残る大量の不発弾、米大統領が向き合う負の遺産

2016.09.06 Tue posted at 14:16 JST

[PR]

ラオス・シエンクアン(CNN) ラオス北東部のシエンクアン県に住むイェイ・ヤンさんは、あの事故から2年もの間、外出することができなかった。「農作業はできず、友人にも会えなかった。私を見れば怖がるだろうから」と話すヤンさんは「生きていたくないと思った」とさえ言う。

米中央情報局(CIA)がベトナム戦争中にラオスで展開した、いわゆる「秘密戦争」の負の遺産。ラオス全土には8000万発の不発弾が残り、今も多くの住民の生活を破壊し続ける。オバマ大統領は米大統領として初めて同国を訪問し、6日に国民の前で演説する。

22歳だったヤンさんは、ごみを燃やしている時に爆弾が爆発して片方のまぶたと唇、片耳、腕の一部を吹き飛ばされ、上半身に大きな傷跡が残った。「爆発のあと2週間、意識を失った」「全身が激しい苦痛に襲われた。今でも常に痛みを感じる」と訴える。

CIAの作戦は、隣国ベトナムの供給路を断つのが狙いだった。同時に、ラオス北部の共産勢力と内戦を戦っていたラオス政府側を支援する狙いもあった。

米国は1964~73年にかけ、200万トン以上の爆弾を投下。史上最大級の規模の空爆だった。

投下されたのはほとんどが、大量の小型爆弾を放出するクラスター爆弾だった。不発弾の除去活動を行っている米非政府組織(NGO)によると、これまでに除去できた爆弾は1%にも満たない。

メールマガジン

[PR]