オバマ米大統領、フィリピン大統領の暴言受け会談を中止

2016.09.06 Tue posted at 09:56 JST

[PR]

(CNN) 米ホワイトハウスは5日、オバマ大統領が今週予定していたドゥテルテ・フィリピン大統領との会談を中止すると発表した。ドゥテルテ氏が演説でオバマ氏を非難し、暴言を吐いたことを受けた措置だ。

オバマ氏は今週、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の首脳会議が開かれるラオスを訪れ、6日にドゥテルテ氏と会談することになっていた。

フィリピンでは6月末にドゥテルテ氏が大統領に就任した後、麻薬犯罪の摘発で多数の容疑者が司法手続きを経ずに殺害されている。ホワイトハウスは、オバマ氏が会談でこの問題を取り上げるとの見通しを示していた。

これに対してドゥテルテ氏は5日、演説の中で「何様のつもりだ。私は米国の操り人形ではなく、主権国家の大統領だ」と強い反発を示し、侮辱的な俗語を使ってオバマ氏を罵倒した。

同氏はまた、南部ミンダナオ島で続発している暴力は米国に原因があると主張。米国はかつてフィリピンに進攻して国民を服従させたと非難し、「どの国にも超法規的殺人の前歴はある」「米国の人権状況を見てみろ」などと語った。

メールマガジン

[PR]