子どもたちの通夜にたる爆弾、16人死亡と人権団体 シリア

シリア北部のアレッポにある反体制派支配地域にたる爆弾が投下された

シリア北部のアレッポにある反体制派支配地域にたる爆弾が投下された

(CNN) シリア政権軍と反体制派の攻防が続く北部アレッポでこのほど、ドラム缶に火薬や金属片を詰めた「たる爆弾」が使用され、在英の非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(SOHR)」によると少なくとも16人が死亡した。

27日にたる爆弾が投下された現場は反体制派の支配地域。25日にも同じ地域にたる爆弾が投下され、SOHRによると子どもを含む15人が死亡していた。27日の攻撃は、子どもたちの通夜に集まった人々を直撃した。

近くで通夜を撮影していたという活動家団体「アレッポ・メディアセンター」のメンバーは、上空のヘリコプターに気付いて地下の避難所に隠れた。外へ出た時には土煙が一面に立ち込め、遺体が散乱していたという。

この活動家によると、1発目のたる爆弾で参列者らが地下の避難所へ向かったとみられる。その入り口付近に2発目が投下されて被害が拡大した。

25日のたる爆弾で死亡した子どもの数は、アレッポ・メディアセンターが5人と伝えたのに対し、SOHRは11人に上ったと報告している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]