台風1号、台湾に上陸 暴風雨で1人死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
非常に勢力の強い台風1号(ニパルタック)が台湾に上陸=気象庁

非常に勢力の強い台風1号(ニパルタック)が台湾に上陸=気象庁

(CNN) 非常に強い台風1号(ニパルタック)は8日午前5時50分ごろ、台湾の台東から約15キロ南部に上陸した。米軍の合同台風警報センターによると、風速は約66メートル。沿岸部は暴風雨に見舞われ、台湾当局によると、これまでに1人が死亡、1人が負傷している。

所によっては過去12時間で300ミリを超す大雨が観測された。台湾の中部や南部では今後12時間にわたって暴風雨が続く見通しで、1万5000人あまりが避難した。

当局者によると、鉄道は2路線が運休し、空の便は8日午前にかけて軒並み欠航となった。CNN系列局SETTVによれば、台湾東部などでは1300世帯以上が停電に見舞われ、樹木がなぎ倒されたり窓ガラスが割れるなどの被害も出ている。

台風は今後12時間かけて台湾を横断し、台湾海峡を経て9日には中国を直撃する見通し。

中国ではニパルタックの到来に備え、江西省から上海にかけての地域で既に1200万人が避難したほか、建物の補強などの作業が進められている。

ニパルタックほどの強い台風が台湾を直撃するのはほぼ6年ぶり。太平洋北西部ではこれまで、2015年12月以来200日という記録的な長さで台風のない状況が続いていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]