ロシア軍機、米軍艦に異常接近 「機銃掃射」態勢で飛行

ロシア軍機が米軍艦に異常接近

(CNN) 非武装のロシア軍戦闘機がバルト海で2度にわたって米軍の誘導ミサイル駆逐艦「ドナルド・クック」に異常接近したことが分かった。米海軍は13日午後、その瞬間をとらえた映像をユーチューブで公開した。

海軍関係者は公にはコメントを避けている。米政府関係者によると、異常接近の危険性を示すための映像と写真の公開については、国防総省内部で相当の論議があったという。

戦闘機のうち1機は、ドナルド・クックの約22メートル以内にまで接近していた。

関係者によると、2度の異常接近は12日夜、公海上で発生した。10日にも接近があったものの、12日ほどの近距離ではなかったという。

ドナルド・クックは定例演習の一環としてポーランドのヘリコプターも搭載していた。このため軍関係者の間では、ロシアのポーランドに対する示威行為だったとの見方も出ている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]