ドイツの列車衝突 原因は携帯ゲーム、運行管理職員を逮捕

2月の列車事故で、原因は運行管理職員が携帯ゲームに熱中していたためとの見解が出された

2月の列車事故で、原因は運行管理職員が携帯ゲームに熱中していたためとの見解が出された

(CNN) ドイツの捜査当局は13日までに、同国南部バイエルン州で2月に起きた列車同士の正面衝突事故は、運行管理職員(39)が携帯電話上でゲームに熱中していたのが原因だったとの見解を示した。

職員はゲームに気を取られ、職務に注意を払っていなかったとみられる。当局は一過性のミスではなく職務怠慢に相当するとして、職員を過失致死容疑などで逮捕した。

衝突は州都ミュンヘンから約60キロ離れたバート・アイブリング近郊で起き、11人の死者が出た。警察によると85人が負傷し、このうち24人は重傷を負った。

2本の列車は同じ線路上を時速約100キロのスピードで走行し、正面衝突した。

地元検察は1週間後、この職員に責任があるとの見方を示していたが、詳しい経緯は不明のままだった。捜査の結果、機械の故障や技術上の問題が原因となった形跡は見つかっていなかった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]