米軍、ノルウェーの極秘洞窟の兵力増強 冷戦時代から維持

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノルウェーの海岸に集められた米海兵隊の水陸両用戦闘車両=U.S. Marine Corps. Force Europe

ノルウェーの海岸に集められた米海兵隊の水陸両用戦闘車両=U.S. Marine Corps. Force Europe

ワシントン(CNN) 北大西洋条約機構(NATO)とロシアの緊張が高まる中、米軍が冷戦時代に利用していたノルウェーの洞窟で、米海兵隊が戦車や砲弾、後方支援物資などの配備増強を進めている。

第2海兵遠征軍の司令官はノルウェーへの展開について、「装備の事前配備でコストを削減できると同時に危機発生時の対応を迅速化でき、どのような危機であれ、準備の整った装備を使って対応できる」との声明を発表した。洞窟は機密に指定されている。

ノルウェーは約195キロにわたってロシアと国境を接しており、冷戦時代はこの国境沿いに兵力が集中配備されていた。ロシア海軍の北方艦隊はここから約160キロ離れたムルマンスクに展開している。

ノルウェーの国防当局者は昨年10月の時点でロシアについて、「政治的野心の達成のために武力を行使する意図を示した」と記者団に語っていた。

海兵隊によると、洞窟はノルウェーの中部一帯に存在する。米軍の装備は当時のソ連に対するNATOの防衛力を強化する目的で、冷戦時代の1981年から配備が始まった。

米シンクタンク、大西洋評議会のマグナス・ノーデンマン氏によると、冷戦後は米国が洞窟群を維持する根拠に対して疑問を投げかける声も上がったため、洞窟設備を保存する目的で、ノルウェー政府が1990年代に洞窟維持のコストを負担することに同意したという。ノーデンマン氏は洞窟を巡るノルウェー国防省との交渉に当たった人物。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]