珍しい白いアオウミガメ、豪東海岸で発見

オーストラリアの海岸で珍しい白いアオウミガメが見つかった

オーストラリアの海岸で珍しい白いアオウミガメが見つかった

(CNN) オーストラリア北東部クイーンランド州の海岸で、生まれたばかりの白いカメが見つかった。体内に色素を持たない「アルビノ」のアオウミガメだ。

地元自然保護団体のボランティア・グループが7日、同州サンシャイン・コーストの海岸で発見した。ほかの子ガメは5日に卵からかえったが、この1匹だけがのんびりしていたようだ。

グループは研究データを集めるため、昨年11月にできた巣を調べていた。子ガメが巣立った後の卵の殻を数えている時、ピンク色のひれ足を持つ白いカメが取り残されているのに気付いたという。この巣では計122個の卵がかえっていた。

豪ABCが州政府の専門家の話として伝えたところによると、アルビノのカメが生まれるのは卵数十万個にひとつの割合にすぎないほど珍しい。

同団体のリーダーによれば、アオウミガメはもともと、成体まで育つ確率がわずか1000分の1程度。アルビノは保護色で身を守ることもできないため、さらに大きな困難に直面する。

しかしこの子ガメは、巣から海へ元気よく旅立っていったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]