CNN EXCLUSIVE

「米国籍の男性」に単独取材 北朝鮮が拘束、スパイ容疑で CNN EXCLUSIVE

北朝鮮が拘束した米国人にインタビュー

平壌(CNN) 水爆実験を行ったという北朝鮮の発表を巡り緊張が高まる中で、北朝鮮がスパイ容疑で逮捕した米国籍とされる男性について、CNNは12日までに、平壌市内のホテルで単独インタビューを行った。

インタビューの中でキム・ドンチュル(62)と名乗った男性は、米国の市民権を取得してバージニア州フェアファックスに住んでいたといい、「米国か韓国の政府が私を助けてくれることを願う」と訴えた。

看守の指示により、インタビューは北朝鮮側が指名した通訳を通して行われ、CNNが後に通訳内容を検証した。

キム氏は2001年、北朝鮮との国境に近い中国の延吉市に移り住み、そこから北朝鮮の経済特区に指定された羅先に通って国際貿易会社の社長を務めていたという。

スパイ容疑で逮捕されたのは2015年10月。韓国側の指示で「軍事機密や醜聞の写真を撮る任務を帯びていた」と語り、多数の韓国人から「北朝鮮に対する憎しみを植え付けられた」と告白。「(北朝鮮の)体制破壊に手を貸すよう頼まれた」と話す。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]