10代少年、首相の顔面にパンチ スペイン

17歳少年がラホイ首相にパンチ=ATLAS

17歳少年がラホイ首相にパンチ=ATLAS

(CNN) スペイン北西部のポンテベドラで16日、遊説中のラホイ首相が10代の少年に顔面を殴られる騒ぎがあった。

報道によると、少年は一緒に写真を撮ってほしいと言ってラホイ首相に近付き、左こぶしでラホイ首相の顔を横から殴ったという。

衝撃で首相のメガネが落ち、顔面にはあざができた。首相は事件後にツイッターへの投稿で、自分は大丈夫だと報告している。

殴ったのは17歳の少年で、警護要員に手錠をかけられ、現場から連行された。

ラホイ首相は20日の総選挙を控え、この日はポンテベドラで大勢の人を前に演説していた。騒ぎの後も頬にあざを残したまま、近くの街で選挙運動を続けた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]