イラク軍、要衝ラマディの6割をISISから奪還

イラク軍がバグダッドの西に位置する要衝、ラマディの6割をISISから奪還した

イラク軍がバグダッドの西に位置する要衝、ラマディの6割をISISから奪還した

(CNN) イラク軍は8日までに、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の支配下に置かれていた同国の要衝ラマディの6割を奪還した。

軍部隊と対テロ要員、連邦警察の警官らが米軍主導の援護空爆を受け、24時間にわたって攻勢をかけた。

イラク軍の発表によると、同市北部にあるイラク軍旧司令部や市西部、南部など、全体の6割を奪還。ISISの戦闘員数十人が死亡した。イラク側に死者が出たかどうかは不明。軍はさらに、大量の武器を押収したという。

米中央軍は、ラマディ付近で7日、ISIS戦闘部隊の2集団と武器、弾薬、物資の貯蔵庫、複数の建物、車両1台などを6回にわたって空爆したと発表した。

ラマディは首都バグダッドの西方約120キロのイスラム教スンニ派地域に位置する要衝。今年5月にISISに制圧され、イラク軍部隊が一斉に撤退した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]