北京、深刻な大気汚染に初の「赤色警報」

大気汚染が深刻化する北京=11月30日

大気汚染が深刻化する北京=11月30日

香港(CNN) 中国・北京で大気汚染が悪化し、市環境保護当局は7日、警戒レベルが最も高い「赤色警報」を初めて発令した。学校は休校となり、屋外の建設作業は中断、車の利用は規制される。

環境保護当局によると、北京全体を覆う深刻な大気汚染は現地時間の8日から3日間以上続く見通し。

車両はナンバープレートの数字が偶数か奇数かで通行が規制され、屋外の建設作業や大気汚染の原因となる産業活動は中止される。屋外での花火やバーベキューなども禁止になる。

赤色警報は10日正午まで発令される。7日までの警戒レベルは上から2番目のオレンジだった。

地球温暖化ガスの排出量が世界で最も多い中国は、2030年をピークとして排出量を減らす目標を打ち出している。

中国の二酸化炭素の大部分は、石炭を使った火力発電や家庭での暖房から排出されている。特に冬の間は排出量が増える。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]