バングラデシュで邦人男性殺害、ISISが犯行声明

事件現場で作業に当たる捜査員ら=3日

事件現場で作業に当たる捜査員ら=3日

ダッカ(CNN) バングラデシュ北西部ロングプールで3日、農業活動に従事する日本人男性が殺害され、過激派組織「イラク・シリア・」イスラム国(ISIS)」が犯行声明を出した。

殺害されたのは星邦男さん(66)。地元警察当局者によると、正体不明の複数の人物が星さんを銃撃し、オートバイに乗って逃走した。

ISISを名乗る犯行声明がツイッター上で支持者らの間に出回った。メンバーがバングラデシュ北西部ロングプールで敵対国の国民を追い詰め、射殺したと主張する内容。「十字軍同盟の市民に対する安全保障作戦は続く」と宣言している。

ISISは先週、バングラデシュの首都ダッカでイタリア人男性が殺害された事件でも犯行声明を出したばかり。同国でISISを名乗る犯行が報告されたのは初めてだった。

当局はこの事件についても捜査中だ。現地のイタリア大使館は、テロリストによる犯行と断定するのは時期尚早だと述べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]