米・キューバが国交回復 54年ぶりに大使館を再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米・キューバが国交回復 大使館を再開

キューバ・ハバナ(CNN) 米国とキューバは20日、正式に国交を回復した。1961年の断交で閉鎖された両国の大使館が双方の首都で再開した。

キューバのロドリゲス外相は米ワシントンのキューバ大使館を訪問し、記念式典に参加する予定。式典には外交官や芸術家ら500人が参加し、キューバの国営放送で生中継される。

キューバの首都ハバナでも米大使館が再開した。来月にはケリー米国務長官が同地を訪れる。長官級のキューバ訪問は1959年のキューバ革命以来初めて。

米当局者によると、キューバ政府はハバナの米外交団の入る建物周辺の警戒線を20日から一部緩和し、建物に出入りするキューバ人の氏名の記録も取りやめるという。

両国とも大使が指名されるまでは、利益代表部のトップが代理大使を務める。

「World」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]