熱波の死者1100人超、貧困層を直撃 インド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱波による死者相次ぐ インド

(CNN) インドを襲っている熱波による死者は、26日までの1週間足らずの間に1100人を超えた。

特に被害の大きい南東部アンドラプラデシュ州では852人、その北側のテランガナ州では266人の死者が報告された。北部のラジャスタン、ハリヤナ両州や首都ニューデリーも厳しい暑さに見舞われている。

気象当局によると、これに加えてパキスタンからインド北部や中部に向け、非常に熱く乾いた空気が吹き込んでいる。25日には東部オリッサ州アングルでセ氏47度の最高気温を記録した。

26日時点の予報によれば、熱波はさらに2日ほど続く見通し。また、近いうちに別の熱波が襲来するとも予想されている。

犠牲者の多くは貧困層の路上生活者や、炎天下での作業を強いられる建設作業員だ。同国の電力普及率は低いうえ、暑さで供給が不安定になっている。多くの人々がショッピングセンターなどに避難して猛暑をしのいでいるという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]