65歳女性が4つ子を出産、娘にせがまれ ドイツ

2015.05.26 Tue posted at 12:59 JST

[PR]

(CNN) ドイツでこのほど13人の子どもをもつ65歳の女性が4つ子を出産した。4つ子の出産では史上最高齢になる。

4つ子が生まれたのはベルリンに住む教師のアンネグレット・ラウニックさん(65)。これで子どもは17人になった。既に7人の孫もいる。

RTLの報道によると、生まれたのは男の子3人と女の子が1人で、妊娠26週目で帝王切開によって生まれ、未熟児だったため保育器で育てられている。

ラウニックさんは21歳で第1子を出産し、10年前には55歳で女の子を出産して話題になった。この娘に妹か弟が欲しいとせがまれて再び出産を決意。提供された卵子を使って体外受精で妊娠し、4つ子のうち1人か2人を中絶するよう医師に勧められても応じなかった。

子育てについては先のインタビューでこう語っていた。「子どもたちとの生活は素晴らしい」「いつも新しい試練がある。だから若さを保てるのかも」

初出産の世界記録は70歳で母親になったインドの女性が最高齢。体外受精で生まれた女の子は今年で7歳になる。

メールマガジン

[PR]