北朝鮮の潜水艦ミサイル、5年以内に実用化も 韓国国防省

北朝鮮の潜水艦ミサイル、実戦配備は4~5年後か

ソウル(CNN) 韓国国防省の当局者は11日、北朝鮮が4~5年以内に弾道ミサイルを搭載した潜水艦を実用化できる可能性があるとの見通しを示した。

北朝鮮は9日に潜水艦からの弾道ミサイル発射実験に成功したと発表。これを受けていつごろ実戦配備が可能になるかが注目されていた。海中を移動する潜水艦の場合、位置を特定して追跡するのは難しい。

韓国国防省の当局者は、北朝鮮のメディアが掲載したミサイル発射実験の写真は本物だったとの見方を示した上で、潜水艦やミサイル技術の開発はまだ比較的初期段階にあり、実用化までに数年はかかる見通しだと語った。

とはいえもし北朝鮮が実用化に成功すれば、日本や米国、韓国にとっては戦略上の脅威となりかねない。非政府組織、国際危機グループ(ICG)の専門家は「北朝鮮がもし核弾頭を搭載した弾道ミサイル発射能力をもつ潜水艦を配備できれば、確かな2次攻撃能力をもつことになり、防御が困難になる」と指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]