エボラ出血熱の死者100人超、「最も厳しい」とWHO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エボラウイルス。ギニアで「前例のない大流行」が見られるという=米CDC提供

エボラウイルス。ギニアで「前例のない大流行」が見られるという=米CDC提供

WHOのフクダ事務局長補は、「これまでに直面した中で最も厳しいエボラ出血熱の流行の1つ」との見方を示した。

西アフリカでエボラ出血熱の流行が表面化したのは今回が初めて。医師や医療関係者はエボラウイルスに対応した経験がなく、恐怖や不安が広がってデマが流れる恐れもある。

WHOは現地に派遣している職員を現在の約50人からさらに増やし、感染防止などの対策に当たる。

マリ政府はエボラ感染が疑われる3人の試料を確認のため米疾病対策センター(CDC)に送っていたが、WHOによれば、うち2人は陰性で、残る1人は結果待ちだという。同国では9人の感染が疑われている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]