エボラ出血熱の死者100人超、「最も厳しい」とWHO

エボラウイルス=CDC提供

エボラウイルス=CDC提供

(CNN) 世界保健機関(WHO)は8日、西アフリカ沿岸部で発生したエボラ出血熱の流行がギニアとリベリアに広がっていることを確認した。死者は両国で100人を突破している。

シエラレオネとマリ、ガーナでも症例が報告されているが、まだ確認はとれていないという。

ギニアで感染が疑われる患者は157人に増え、101人が死亡。67人がエボラ出血熱と確認された。リベリアでは21人の症例が報告されて10人が死亡、うち5人のエボラ感染が確認されている。

流行はギニア南東部の森林地帯で発生して急拡大し、シエラレオネやリベリアとの国境に近いゲケドクで多数の死者が出ている。また、ギニアの首都コナクリでも20人に感染の疑いがある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]