英議会、対シリア軍事介入認めず 米単独で行動も

英議会、対シリア軍事介入認めず

(CNN) シリアの化学兵器使用疑惑を巡り、英下院は29日、シリアに対する軍事行動の提案動議を反対多数で否決した。

これを受けて米政府高官は、米国が単独で行動を取らなければならない可能性も出てきたと語った。

キャメロン英首相はシリア政府が化学兵器を使った伝えられたことに対し、断固たる対応を促す動議を提出。しかし英下院は反対285、賛成272の反対多数でこの動議を退けた。

キャメロン首相はこれを受け、「私は化学兵器の使用に対する断固たる対応が必要だと確信している。しかし下院の意思を尊重すべきだとも信じる」と述べ、採決は英軍の行動を望まない国民の意思を反映したものだと指摘。「政府はそれに従って行動する」と言明した。

米国家安全保障会議(NSC)のヘイデン報道官は29日夕に談話を発表し、米政府は英国との協議を続けるとしながらも、「オバマ大統領は、米国にとって最善の利益は何かという判断に従って決断することになる」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]