エジプト軍、ムルシ大統領の権限剥奪

エジプト軍、大統領の権限剥奪

カイロ(CNN) エジプト軍トップのシシ国防相は3日夜、全土に向けたテレビ放送を通じ、憲法を停止して議会選挙を実施し、最高憲法裁判所のマンスール長官がムルシ大統領に代わって暫定大統領に就任すると発表した。

ムルシ大統領の支持母体「ムスリム同胞団」の広報は、ムルシ氏が大統領警護隊の本部で拘束されていると明らかにした。ムルシ氏は外部との接触を断たれ、誰も面会できない状態だという。大統領側近もほとんどが拘束されたとしている。

シシ国防相は、ムルシ氏が国民の目標を達成できず、軍の通告にも従わなかったと強調。マンスール氏は憲法令発布の権限を持ち、「強力で多様な政権を樹立」すると表明した。ムルシ大統領の権限剥奪(はくだつ)は、軍が国を守るために「歴史的責任」を果たしたものだと強調している。

一方、ムルシ大統領は衛星放送のアルジャジーラを通じて声明を流し、自分はエジプトの正統な大統領だと強調。「我々は自ら障壁を克服できる。これは国民の意思であり、取り消すことはできない」と訴えた。引き続き交渉と対話に応じる用意があると述べ、支持者には平和的なデモを行うよう呼びかけている。

アルジャジーラはこの声明を放映した直後にエジプトの放送局が襲撃され、スタッフ数人が拘束されたと伝えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]