反日デモに日本国内で広がる戸惑いの声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)

沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)

(CNN) 日本政府による尖閣諸島(中国名・釣魚島)の国有化に反発する大規模デモが中国で続いたことに対し、日本国内で戸惑いの声が広がっている。

タカギ・ミカさん(40)は5歳の息子に「中国の人って悪い人たちなの?」と尋ねられたことをきっかけとして、報道の内容や今回の事態の背景について考えるようになったという。

日本のメディアは連日のように、北京の大使館前に集まった大勢の人たちが瓶や卵を投げつける映像や、中国各地で日系企業の店舗などが取り囲まれたり略奪されたりする映像を流してきた。

ヤマシタ・キヨシさん(65)は「過去に日本が中国を侵略したことに対して中国人が怒るのは分かる。しかしそれは過去のことだ」「日本も米国が落とした原爆の犠牲になったが、そのことに対して米国を非難し続けたりはしない。それが戦争だ」と指摘する。

中国では過去にも反日デモが繰り返されているが、今回ほど連日にわたり、激化したのは初めて。大学生のサイトウ・ショウタさん(22)はデモを見て恐怖を感じ、中国旅行の計画を考え直したという。

ただ、中華街のある横浜市に住み、中国人の友人もいるというサイトウさんは、中国人がすべて日本人を憎んでいるわけではないと分かっているとも話す。「一握りの過激な人たちが過剰反応しているだけだと思う」「日本が好きな人もたくさんいるはずだから、私の中国人に対する見方は変わらない」。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]