「中絶合憲」覆す米最高裁判断、過半数の米国人が不支持 世論調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人工妊娠中絶の権利に関する最高裁判断直後の人々の反応を示す調査結果が公開された/Anna Moneymaker/Getty Images

人工妊娠中絶の権利に関する最高裁判断直後の人々の反応を示す調査結果が公開された/Anna Moneymaker/Getty Images

(CNN) 人工妊娠中絶の憲法上の権利を認めた「ロー対ウェイド判決」を覆した米最高裁の判断について、過半数の米国人は支持していないことが分かった。CBSニュースと調査会社ユーガブが判断直後の24、25日に実施した調査で明らかにした。

その結果米国の成人の59%が判断を支持しないと回答。支持すると答えたのは41%だった。回答者のおよそ半数に当たる52%は、判断を米国にとっての後退と形容。31%は前進とし、17%はどちらでもないと回答した。

女性の間では3分の2(67%)が判断を支持しないとしたのに対し、支持すると答えたのは33%にとどまった。過半数の56%の女性は、今回の判断によってほとんどの米国人女性の人生は悪化すると答えた。

過半数の58%の米国人は連邦法により人工妊娠中絶が全米で合法化するのが望ましいと述べたが、42%はそうなるのに反対だと答えた。64%は人工妊娠中絶が自分たちの州でほとんどもしくはすべてのケースで合法化してほしいとした。

現状を受けて、少なくとも一定程度は最高裁が同性婚を終わらせるまたは制限する公算が大きくなったと考える人の割合は57%。産児制限や避妊へのアクセスを終わらせるまたは制限する公算が大きくなったと考える人は55%だった。最高裁に大変多くのもしくはかなりの信頼を置いていると答えたのは33%にとどまった。23%はいくらかの信頼を置いていると回答し、44%はほとんど信頼していないと答えた。

今回の調査は全国の成人1591人を対象に行った。期間はかなり短いものの、その結果には最高裁の判断に対する初期段階での人々の反応が表れている。誤差の範囲はプラスマイナス3.0ポイント。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]