「血を塗って死んだふりをした」、11歳少女が恐怖の体験語る 米小学校乱射

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銃乱射生き延びた11歳少女、CNNに当時の恐怖を語る

(CNN) 米テキサス州ユバルディの小学校で起きた銃乱射事件を生き延びた少女(11)がCNNの単独インタビューに応じ、恐ろしい体験を振り返った。容疑者の男が戻ってくることを恐れた少女は自分の体に友人の血を塗り、死んだふりをしたという。

事件ではミア・セリーロさんの同級生19人と教師2人が亡くなった。

当時、ミアさんと同級生は教師2人のいる教室で映画を見ていた。授業が終わったところで、校舎内に銃撃犯がいるとの情報が教師たちに伝えられた。

教師の1人がドアを施錠しに行ったものの、男はすでにそこにいて、ドアの窓から銃を撃ってきた。

ミアさんはすべて一瞬の出来事だったと振り返る。教師が教室内に戻ると、男は追いかけてきた。男は教師の1人と目を合わせ、「おやすみ」と言って教師を撃った。

男は銃を乱射し、もう1人の教師とミアさんの友人多数を銃撃。銃弾はミアさんの体をかすめ、破片が肩や頭に当たった。ミアさんは病院で治療を受け、破片による傷を抱えた状態で退院した。

ミアさんのクラスの生徒を撃った後、男はドアを通って隣の教室に入った。隣の教室から悲鳴と銃声が聞こえてきた。銃声がやむと、男は大音量で音楽を流し始めた。悲しい音楽だったという。

ミアさんと友人1人はやっとのことで死亡した教師の携帯電話をつかむと、緊急通報して助けを求めた。

ミアさんは男が自分の教室に戻ってきて、自分や生き残った友人を殺害しようとするのが怖かったと語る。そこで、隣で死亡していた同級生の血に両手を浸して、全身に血を塗って死んだふりをした。

その状態で3時間ほど友人たちと横になっていたように感じるという。

ミアさんの母親は、娘は心に傷を負って眠れない状態だと話す。両親はミアさんの治療費を募る目的で資金調達サイト「ゴーファンドミー」のページを立ち上げた。

この日は暑い日だったが、ミアさんは自分の体を覆ったままにしようと、毛布にくるまりながらインタビューを受けた。

インタビュー中に携帯電話が鳴り、ミアさんがその音に動揺する様子が見て取れた。母親によると、こうした事は何度も起きていて、洗車場で掃除機の音に娘がパニックになったこともあるという。

ミアさんは事件の経験からカメラや男性に話をするのが怖かったが、学校銃撃を生き抜く体験がどのようなものか伝えたかったと話す。このような悲劇が他の子どもに起きるのを防ぐ助けになれば、と語っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]