米国人ジャーナリスト、ロシア軍の銃撃で死傷 ウクライナで取材中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロシア軍によって殺害された米国人ジャーナリストのブレント・ルノーさん/Courtesy Nieman Foundation

ロシア軍によって殺害された米国人ジャーナリストのブレント・ルノーさん/Courtesy Nieman Foundation

ウクライナ・キエフ(CNN) ウクライナ首都キエフの警察は13日、米国人ジャーナリストのブレント・ルノーさん(50)が首都近郊のイルピンでロシア軍によって殺害されたと発表した。もう1人の米国人ジャーナリスト、フアン・アレドンドさんも負傷した。

キエフ地区警察はルノーさん死亡の証拠として、遺体と米国のパスポートが写った写真、およびルノーさんの氏名が入った米紙ニューヨーク・タイムズの古い記者章の写真をツイッターに投稿した。

キエフ地区警察トップはフェイスブックへの投稿で、ロシア軍がルノーさんを銃撃したと述べ、「占領軍は冷淡にも、ウクライナでロシア軍の残虐行為に関する真実を伝えようとしている国際メディアのジャーナリストさえ殺害する」と非難。「当然ながら、ジャーナリストは危険を背負う。だが米国人のブレント・ルノーは命を懸けて、侵略者の卑劣さ、残虐さ、非情さに脚光を当てようとした」と伝えた。

ウクライナの戦争で死亡が確認された外国人ジャーナリストはルノーさんが初めてだった。今月初め、キエフのテレビ塔が砲撃された際は、カメラを操作していたウクライナ人のイェブヘニ・サクンさんが死亡したと伝えられていた。

非営利組織のジャーナリスト保護委員会は国際法違反を指摘し、「ウクライナのロシア軍はジャーナリストや民間人に対する暴力を即刻停止しなければならない。ルノーさんを殺害したのが誰であれ、責任を問われるべき」とする声明を発表した。

米タイム誌がCNNに語ったところによると、ルノーさんは有名な映像ジャーナリストで、世界的な難民危機に焦点を当てるプロジェクトのためにウクライナで活動していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]