コロナ救済金23億円を詐取 有罪判決の夫婦、子ども3人残し逃亡 米カリフォルニア州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コロナ救済金詐取で有罪判決を受けた夫婦が3カ月にわたり逃亡を続けている/FBI

コロナ救済金詐取で有罪判決を受けた夫婦が3カ月にわたり逃亡を続けている/FBI

(CNN) 多額の新型コロナウイルス救済金をだまし取ったとして有罪を言い渡された米カリフォルニア州の夫婦が、行動監視のための電子ブレスレットを壊し、3人の子どもを残して自宅から逃走した。裁判所は本人不在のまま禁錮刑を言い渡し、米連邦捜査局(FBI)は2人の行方を追っている。

逃亡しているのはリチャード・アユバジャン被告(43)と、妻のマリエッタ・テラベリアン被告(37)。弁護士によると、夫婦は13歳と15歳、16歳の3人の子どもに宛てて、タイプライターで打った手紙を残していた。

「いつかまた会える」「これはさよならではない。でも互いにしばらく離れ離れになる」という内容だった。

夫婦は6月に有罪を言い渡され、8月に自宅から逃亡した。3カ月たった今も行方は分かっていない。

裁判所は15日、本人不在のままアユバジャン被告に禁錮17年、テラベリアン被告に同6年の判決を言い渡した。検察によると、2人は小規模事業者のための救済金2000万ドル(約23億円)以上を詐取したとされる。

両被告とアユバジャン被告の弟のアーサー・アユバジャン被告(41)は今年6月、詐欺や資金洗浄などの罪で有罪判決を言い渡された。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]