45年前の殺人事件で容疑者逮捕、情報提供に基づき遺体発見 NY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
民家の裏庭で遺体が発見された=2019年3月、米ニューヨーク市クイーンズ地区/Queens County District Attorney

民家の裏庭で遺体が発見された=2019年3月、米ニューヨーク市クイーンズ地区/Queens County District Attorney

この人物はこれまでずっと、脅迫を恐れて事件についての情報を提供できなかった可能性があるという。

警察はこの人物から寄せられた情報に基づき、クイーンズにある民家の裏庭で遺体を発見。DNA鑑定などを手掛かりに、ザイツさんの遺体だったことを突き止めた。

さらに目撃者の証言などから容疑者が浮上し、モッタ容疑者の逮捕に至った。

ザイツさんはモッタ容疑者の理髪店の常連客で、普段から多額の現金を持ち歩くことで有名だった。このため捜査当局は、モッタ容疑者が現金を盗む目的でザイツさんを殺害したとみている。

モッタ容疑者は5日に裁判所に出廷する。有罪になった場合、25年以下の禁錮を言い渡される可能性がある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]