45年前の殺人事件で容疑者逮捕、情報提供に基づき遺体発見 NY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ザイツさんはモッタ容疑者の理髪店の常連客だったとみられている/Queens County District Attorney

ザイツさんはモッタ容疑者の理髪店の常連客だったとみられている/Queens County District Attorney

(CNN) 米ニューヨーク市クイーンズ地区で45年前に起きた殺人事件に関連して、74歳の男が殺人の疑いで逮捕された。

クイーンズ地区検察の3日の発表によると、逮捕されたマーティン・モッタ容疑者(74)は1976年、第1次世界大戦の退役軍人だったクラレンス・ザイツさん(当時81)を殺害した疑いがもたれている。

「どれほど時間が経とうとも、どれほど多くの障害があろうとも、警察と検察は連携して犯罪を犯した者に裁きを受けさせる」。検察は声明の中でそう強調した。

ニューヨーク市警の4日の記者会見によると、ザイツさんは76年12月10日、モッタ容疑者の理髪店に出かけたまま帰宅せず、5日後に行方不明の届け出が出された。

その後もザイツさんの行方は分からないまま40年近くが経過。2019年3月になって、ザイツさんが失踪した年に起きた殺人事件について詳細を知っているという人物から警察に電話があった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]