米議事堂襲撃、警官4人が生々しい証言 下院委で初の公聴会

米議事堂襲撃、公聴会で新たな映像公開

(CNN) 今年1月6日に発生した米連邦議会議事堂の襲撃事件を調査する下院特別委員会は27日、初の公聴会を開き、警護に当たった警官4人から当時の様子を聞いた。

同委員会は襲撃事件の全貌を調査し、トランプ前大統領が果たした役割も追及する予定。だが、初回の3時間に及ぶ公聴会ではまず、警官が直面したトランプ氏支持者らによる暴力に焦点が当てられた。

公聴会のポイントを5つにまとめた。

暴力を詳述する衝撃的な証言

証言はコロンビア特別区首都警察のダニエル・ホッジス氏、マイケル・ファノン氏、議事堂警察のハリ・ダン氏、アキリノ・ゴネル氏の4人が行った。攻撃を受け命の危険にさらされた状況を振り返り、一人ひとりが証言した。

委員会ではボディーカメラの映像が流され、証人や議員が感傷的になる場面もあった。

ホッジス氏は暴徒と金属製のドアフレームの間に挟まれ、苦しさのあまり叫んだと証言。ファノン氏は群衆の中に引きずり出されてたたかれ、自分が持っていたテーザー銃で電気ショックを繰り返し与えられたと述べた。

「私は自分の武器を奪われ、殺される危険にあった。『あいつの銃で殺せ』という声が聞こえた」「今でもそうした言葉が頭から離れない」(ファノン氏)

ダン氏はトランプ氏の支持者から人種差別的な言葉を投げかけられた様子を話した。警官の服装でそうした言葉を浴びた経験はなかったという。

イラクでの従軍経験を持つゴネル氏は、戦闘地域にいたどの時点よりも議事堂での対応の方が懸念が大きかったと発言。「この入り口を守りながら、こうやって自分は死ぬんだと思ったことを覚えている」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]