14歳少女が家宅侵入、保安官代理に向けて発砲して負傷 米フロリダ州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家宅侵入した14歳少女、保安官代理に向けて発砲 米

(CNN) 米フロリダ州ボルーシャ郡で1日夜、12歳の少年とともにグループホームを逃げ出した14歳の少女が家宅侵入し、駆け付けた保安官代理に発砲したため反撃されて負傷した。同郡のマイク・チットウッド保安官が明らかにした。

少女は腹部と腕を撃たれたが容体は安定している。少年は投降してけがはない。

チックウッド保安官は「何といっていいのかわからない。12歳と14歳が法執行機関と対決して大丈夫と考えたとは、われわれはどこで間違ったのか」と述べた。

保安官事務所は2日、ボディーカメラやヘリコプターから現場を捉えた9分間にわたる編集された動画を公開した。

当局者の1人は動画の中で「彼女が銃を構えている。ごみ箱の後ろで銃を構えている」と話し、直後に保安官代理が発砲していた。

2人は法執行機関当局者に対する殺人未遂や武装強盗の罪に問われている。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「米国の銃問題」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]