米当局、J&J製ワクチン接種の一時停止を勧告 血栓の報告受け

米CDCとFDA、J&J製ワクチン接種の一時停止勧告

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)と食品医薬品局(FDA)は13日、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンの使用を一時停止するよう勧告した。「まれで深刻な」タイプの血栓が6例、米国内で報告されたことを受けた措置。

6例のうち1人は死亡、1人は重体となっている。米国でのJ&J製ワクチンの接種回数は680万回あまり。

CDCとFDAの共同声明によると、6例はすべて18~48歳の女性で、接種後6~13日の間に発生した。

CDCは14日にも症例を検討する諮問委員会を開く。FDAもCDCの分析結果を見ながら、症例の調査を行う。「こうした手続きが完了するまで、念のためワクチンの使用の停止を勧告する」としている。

また、「このタイプの血栓には独特の治療が求められる」ため、医療関係者が適切な認識と管理に向けた診療計画を立てる点で勧告が重要となるとも述べた。

今回の血栓は緊急使用許可の際、発生の可能性がある副反応として挙げられたリストには含まれていない。

J&Jも13日に声明を発表。欧州でのワクチンの展開を遅らせ、医療関係者や当局と緊密に連携を図ると述べた。

また、J&Jのワクチンを接種後3週間以内に激しい頭痛、腹部の痛み、脚の痛み、息切れを感じた場合は医療提供者に連絡するように呼び掛けた。ただ、こうした副作用は「きわめてまれなものと見られる」とも付け加えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]