米ジョージア州で上院決選投票、結果判明は遅れる可能性も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ジョージア州フルトン郡では期日前投票の数が大統領選を上回ったことが報告された/Jessica McGowan/Getty Images

米ジョージア州フルトン郡では期日前投票の数が大統領選を上回ったことが報告された/Jessica McGowan/Getty Images

(CNN) 米ジョージア州で5日、連邦議会上院選2議席の決選投票が実施された。投票は現地時間午後7時(日本時間6日午前9時)に締め切られるが、結果判明までには時間がかかる可能性もある。

決選投票の結果は上院で今後2年間、民主党と共和党のどちらが優位に立つかを決定付け、バイデン次期大統領の政権運営にも大きく影響する。

共和党は1議席でも取れば多数派を維持するが、民主党が2議席を確保した場合は50対50となり、議長を務める同党のハリス次期副大統領が決定票を握る。

ただし勝者がいつ確定するかははっきりしない。昨年11月の大統領選でCNNがバイデン氏の勝利確実と発表したのは、投票日の10日後だった。開票作業が遅れた原因のひとつとされる郵便投票・期日前投票は、今回も記録的な数に達している。

同州で最も人口が多いフルトン郡の選挙管理当局者は4日、期日前に投じられた票の数が大統領選を上回ったと述べた。

この中には民主党の票が多く含まれている可能性が高いとされ、共和党は当日投票した支持者らの票に期待をかけている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]