姉妹を殺人未遂で起訴、マスク着用求めた警備員をナイフで27回刺す 米イリノイ州

マスク着用を求めた警備員を27回刺したとして、米国の姉妹が殺人未遂で起訴された/Cook County Jail

マスク着用を求めた警備員を27回刺したとして、米国の姉妹が殺人未遂で起訴された/Cook County Jail

(CNN) 米イリノイ州の警察は29日までに、第1級殺人未遂の容疑で21歳と18歳の姉妹を起訴したことを明らかにした。姉妹は小売店を訪れた際、マスクの着用を求めた警備員と口論になり、ナイフで警備員を27回にわたり刺したとされる。

シカゴ警察とクック郡州検察局によると、被害者の警備員は32歳の男性で、小売店に入ろうとする姉妹に対し、マスクの着用と手指消毒剤の使用を求めたところ口論になったという。

訴状では、口論がもみ合いへ発展した際に姉がナイフを取り出し、男性の背中、首、腕を27回刺したとしている。その間、妹は男性の髪をつかんで押さえつけていたという。

警察は男性の現在の容体について安定していると説明。姉妹の方も軽い擦り傷を負ってすぐに病院へ運ばれ、その後第1級の殺人未遂で起訴された。

拘置記録によれば、姉妹は現在保釈金なしで拘留中。来月4日に法廷審問が予定されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]