トランプ大統領、米・メキシコ国境を訪問 壁建設の節目を祝う

トランプ氏が米・メキシコ国境を訪問し壁建設の節目を祝った/NICHOLAS KAMM/AFP via Getty Images

トランプ氏が米・メキシコ国境を訪問し壁建設の節目を祝った/NICHOLAS KAMM/AFP via Getty Images

ワシントン(CNN) 米国のトランプ大統領は23日、米国とメキシコとの国境を訪問し、選挙戦で約束した「国境の壁」の200マイル(約321キロ)建設の節目を祝った。トランプ氏が米・メキシコの国境を訪問したのは今年初。

トランプ氏が提唱する国境の壁は再び選挙戦の主要な公約となりそうだ。今回の訪問でトランプ政権は国境の壁200マイルの完成を祝った。しかし、選挙戦では2020年末までに450マイルの建設をうたっていた。

トランプ氏は当局者らとの会合で、壁建設の進展に胸を張った。トランプ氏は、「我々の政権は南部の国境の安全を確保するために歴史上のどの政権よりも多くのことを行った。国境はかつてないほど安全になった」と語った。

トランプ氏は会合の後、国境の壁を視察し、200マイルの建設完了を記念する金属板に署名した。

トランプ氏の国境訪問には、ウルフ国土安全保障長官代行や税関・国境警備局(CBP)のモーガン局長代行が同行した。

トランプ氏は大統領就任から3年になるが、国境の壁の建設や建設費を他の政府予算から流用する取り組みをめぐり、多くの法廷闘争に直面している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]