トランプ氏集会のスタッフ、さらに2人が陽性 計8人に

トランプ大統領がオクラホマ州タルサで開いた選挙集会の様子。当日参加した2人が新たに新型コロナ陽性反応を示した/Sue Ogrocki/AP

トランプ大統領がオクラホマ州タルサで開いた選挙集会の様子。当日参加した2人が新たに新型コロナ陽性反応を示した/Sue Ogrocki/AP

(CNN) トランプ米大統領がオクラホマ州タルサで開いた選挙集会のスタッフのうち、当日参加した2人が新たに新型コロナウイルス感染の陽性反応を示したことが分かった。トランプ陣営が22日に発表した。

トランプ陣営は20日に開催した集会の直前、事前に現地入りしていたチームのメンバー6人が陽性反応を示して隔離されたことを明らかにしていた。

陣営の報道担当者、ティム・マートー氏によると、スタッフの検査を再度実施した結果、先遣チームからさらにメンバー2人の感染が確認された。2人とも会場では終始マスクを着けていた。陽性判定を受けて、陣営はただちに隔離と接触追跡の措置を取ったという。

集会スタッフの感染者はこれで計8人になった。

集会の当日、参加者はマスク着用や対人距離の確保を義務付けられていなかった。会場にはマスクなしの政権当局者も数人いたが、パースケール選対本部長は着用していた。トランプ氏の演説が終わった後、事情に詳しい関係者がCNNに語ったところによると、大統領警護隊(シークレットサービス)でも2人の陽性者が出ていたという。

トランプ氏はこの日の演説で、検査をすればより多くの感染者が見つかると指摘し、検査ペースを落とすよう指示したと述べて物議をかもした。マートー氏は22日、CNNとのインタビューで、トランプ氏の発言は皮肉を込めた冗談だったと説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]