NY州の抗体検査で14%に陽性反応、公式統計上回る感染率

米NY州で行った新型コロナの抗体検査で約14%に陽性反応が出たことが分かった/Chip Somodevilla/Getty Images

米NY州で行った新型コロナの抗体検査で約14%に陽性反応が出たことが分かった/Chip Somodevilla/Getty Images

(CNN) 米ニューヨーク州のクオモ知事は23日、住民3000人を対象に実施した新型コロナウイルスの抗体検査の結果、これまでに13.9%に陽性反応が出たと発表した。

この結果は、新型コロナウイルスの感染が当初確認されたよりも早くから広がっていて、感染者の数も公式統計より多いことを改めて裏付けている。

抗体検査は州内で新型コロナウイルスに感染して抗体をもつ人がどれくらいいるかの実態を把握する目的で、外出したことのある住民から無作為に抽出した大人3000人を対象に実施した。

その結果、抗体ができていたのは州全体では13.9%、ニューヨーク市に限ると21%だった。

ニューヨーク州の人口は1950万人、ニューヨーク市の人口は840万人。つまり州全体で約270万人、市では約180万人がウイルスを持っていることになる。これは公式統計の数倍に上る。

米ジョンズ・ホプキンス大学の専門家アメッシュ・アダルジャ氏はこの結果について、新型コロナウイルスによる死亡率が、公式統計よりも低い可能性があることをうかがわせると指摘した。

「このウイルスは、我々が考えていたよりもはるかに広く拡散している」とアダルジャ氏は述べ、「我々にある程度の抗体ができているという意味で、一種の安心感を抱かせる」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]