新型コロナの起源は動物の可能性大、研究所説を否定 WHO

新型コロナウイルスの起源について、WHOが動物に由来する可能性が高いと表明/NIAID-RML

新型コロナウイルスの起源について、WHOが動物に由来する可能性が高いと表明/NIAID-RML

(CNN) 世界保健機関(WHO)は23日までに、新型コロナウイルスの起源についてコウモリなどとされるとし、「研究所で操作や創出されたものではない」ことを示唆するあらゆる証拠があるとの見解を示した。

WHOのファデーラ・シャイブ報道官が会見で述べた。「この段階でウイルスの起源を正確に突きとめることは不可能」と指摘。その上で入手し得る全ての証拠は野生の動物に由来することをうかがわせていると説明した。

さらに、多くの科学者がこのウイルスの遺伝的な特徴を研究してきたとし、「彼らは研究所で創出されたものではないことを示す証拠を見つけた」とも続けた。

シャイブ報道官は、ウイルス源の特定については「偽りの仮説」ではなく事実に基づくべきだとも強調した。

新型コロナウイルスについてはトランプ米政権内で中国の武漢ウイルス研究所が感染源との見方が最近出ている。同報道官の今回の発言はこれを打ち消す形ともなっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]