オハイオ州予備選が見送りに、「公衆衛生上の危機」で投票所閉鎖

オハイオ州での予備選は、州保健省長官が投票所の閉鎖を指示したことで見送りとなった/Mario Tama/Getty Images

オハイオ州での予備選は、州保健省長官が投票所の閉鎖を指示したことで見送りとなった/Mario Tama/Getty Images

(CNN) 米大統領選の予備選が17日に予定されていたオハイオ州で、デワイン知事が16日深夜、新型コロナウイルス感染拡大への対応措置として、州保健省のアクトン長官の命令により、州内の投票所を閉鎖すると発表した。

アクトン氏の命令は、衛生上の緊急事態下で多数の一般市民が感染のリスクにさらされる可能性を回避するため、ただちに投票所を閉鎖するとの内容。期限は知事の非常事態宣言が解除されるまでとしている。

デワイン氏も発表に際し、投票所に配置される職員や有権者の感染リスクに言及した。投票の機会については州務長官が裁判所を通し、改めて代替措置を検討すると述べた。

デワイン氏はこれまでも新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、積極的な対策を打ち出してきた。16日には予備選を6月2日に延期するよう勧告を出したが、これは裁判所に却下されていた。

同じく17日に予備選が予定されているイリノイ、フロリダ、アリゾナの3州は延期せずに実施する方針だ。

すでにルイジアナ、ジョージア、ケンタッキーの3州はそれぞれ予備選の延期を発表している。ワイオミング州の民主党本部も先週、党員集会の参加者が会場に集まる方式を取りやめると発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]