サンダース氏、大票田のカリフォルニア州で勝利確実 CNN予測

米民主党のカリフォルニア州の予備選はサンダース氏が勝利する見通し/Joshua Lott/Getty Images

米民主党のカリフォルニア州の予備選はサンダース氏が勝利する見通し/Joshua Lott/Getty Images

ワシントン(CNN) 11月の米大統領選に向けた民主党の指名争いで、先週の「スーパーチューズデー」に予備選挙などが行われた14州のうち結果が出ていなかった西部カリフォルニア州について、サンダース上院議員の勝利が確実となった。CNNが予測した。

スーパーチューズデー当日の3日の時点では、サンダース氏の得票数がライバルのバイデン前副大統領を大きく引き離していたが、その後郵送での投票などを集計したところ両者の差は縮まった。バイデン氏は終盤の集計で追い上げを見せたものの、サンダース氏を上回るには至らなかった。

CNNが推計したカリフォルニア州の代議員の獲得人数は現時点でサンダース氏が184、バイデン氏が144。さらに81人がこれから割り振られる。

残る6人の代議員は、エリザベス・ウォーレン上院議員が5人、マイケル・ブルームバーグ氏が1人、それぞれ獲得したが、両者ともすでに指名争いからは撤退している。

カリフォルニア州の予備選挙は、投票日の消印が押された郵送での投票をすべて受け付ける。これらの票を集計していたため、最終結果の報道は投票日の1週間以上後にずれ込んでいた。

サンダース氏はこれまでの指名争いで苦戦を強いられているが、11日には選挙戦を継続する意向を明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]