中国・武漢の新型コロナウイルス、死者2人に

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる2人目の死者が出た/JIJI PRESS/STR/AFP/Getty Images

中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる2人目の死者が出た/JIJI PRESS/STR/AFP/Getty Images

(CNN) 中国・武漢市で多数の肺炎患者を発生させている新型コロナウイルスについて、同国の保健当局は18日までに、69歳の男性1人が死亡したことを明らかにした。これでこのウイルスでの死者は2人となった。

男性は15日に武漢で亡くなった。今月9日にも、同じ武漢で61歳の男性が重い肺炎による呼吸器不全で死亡していた。

中国の研究者らは新型ウイルスを重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)と同じコロナウイルスの種類と位置付ける。ただ、それらに匹敵するほどの致命的な病原性は有していないとみられる。SARSは2002〜03年にアジア各地で拡大し、患者は8000人以上、774人が犠牲になった。

17日時点で武漢で報告されている新型コロナウイルスの感染件数は41件。このうち患者5人は重症だが、12人は治療を受けたのち退院した。残りの患者は治療中で、容体は安定している。地元の保健当局が明らかにした。

感染者と緊密に接触したとわかった人の数は計763人で、うち644人は病院で診断を受けて退院した。119人はまだ医師による観察を受けている。

15日に死亡した男性は、昨年12月31日に体調を崩し、5日後に地元の病院に入院。しかし症状は悪化し、腎機能の異常や心筋炎、重い多臓器障害に見舞われた。スキャナーで調べたところ、肺にも結核が原因とみられる損傷が見つかったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]