新型コロナウイルス感染者、1700人超の可能性も 英研究

中国で新型コロナウイルス見つかる

ロンドン(CNN) 中国の湖北省武漢市で集団発生している新型コロナウイルスによる肺炎患者は公式発表よりはるかに多く、1700人を超えている可能性があるとの研究結果を、英インペリアル・カレッジ・ロンドンのチームが19日までにまとめた。

武漢市当局は、これまでに45人の患者が確認され、2人が死亡したと発表している。中国の当局者らは同市内の海鮮市場で感染が広がったとして市場を閉鎖し、人から人への感染例は確認されないとの立場を示してきた。

ところが国外でもタイで2人、日本で1人の患者が見つかり、いずれもこの市場を訪れていないことなどから、人から人に感染し得るとの懸念が強まっている。

研究チームは武漢国際空港の利用者数や推定される潜伏期間などに基づき、武漢で感染した人が病院にかかる前に国外へ出る確率は574分の1にすぎないと計算。国外の患者が計3人なら、武漢での患者数は今月12日の時点で1723人に上っていたことになると指摘した。

ただしチームによると、不確定な部分は依然として多く、患者数は少なければ190人、多ければ4000人以上と見積もられる。いずれにしても、人から人への感染が相当の頻度で起きている可能性は否定できないという。

チームはこの結果を基に、監視強化や迅速な情報共有、準備態勢の整備を呼び掛けた。

米疾病対策センター(CDC)は17日、ニューヨークとサンフランシスコ、ロサンゼルスの主要3空港で、武漢から到着した乗客にせきや呼吸困難、発熱の症状がないかどうかを検査するため、職員100人余りを配置すると発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]