高齢者住宅銃撃で1人死亡、2人負傷 容疑者は入居者か 米ワシントン州

米高齢者住宅で銃撃があり、1人が死亡、2人が負傷し病院に運ばれた/KPTV

米高齢者住宅で銃撃があり、1人が死亡、2人が負傷し病院に運ばれた/KPTV

(CNN) 米ワシントン州バンクーバーの高齢者向け集合住宅で3日に銃撃事件があり、1人が死亡、2人が負傷した。地元警察が明らかにした。

事件は高齢者向け住宅の「スミス・タワー・アパートメント」で発生。警察は銃撃から数時間後、容疑者の男が無事に拘束されたと発表した。

警察は記者団に対して当初、集合住宅のロビーで発砲事件があり、容疑者は自室に戻ったと説明していた。

現地の病院は、この事件で負傷した患者2人の治療を行っていることを明らかにした。現時点で容体は安定しているという。

地元紙コロンビアンは、事件発生直後、警察や消防の車両が現場を取り囲んでいる動画をツイッターに掲載した。

スミス・タワーのウェブサイトによると、62歳以上の高齢者向けで、部屋数は170戸。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]