テネシー大学のマーチングバンド、いじめられた少年ファンのTシャツ着る

マーチングバンドが少年のデザインを採用したTシャツを着て試合の応援を行った/Wade Payne/AP

マーチングバンドが少年のデザインを採用したTシャツを着て試合の応援を行った/Wade Payne/AP

(CNN) 米テネシー大学のアメリカンフットボールチームを応援しようとTシャツを自作した少年が同級生にからかわれソーシャルメディアで話題となった件で、同大のマーチングバンドはこのほど、アメフトの試合応援の際にこの少年がデザインしたTシャツを着る粋な計らいを見せた。

マーチングバンド「プライド・オブ・ザ・サウスランド」は14日のテネシー大学「ボランティアーズ」と同大チャタヌーガ校「モカシンズ」の試合で、伝統的なユニホームの下に少年のTシャツを着て応援。試合は45対0でチャタヌーガ校に勝利した。

フロリダ州に住む小学4年生のこの少年は、好きな大学の色を周囲に誇示して応援する「カレッジ・カラーズ・デー」の日に、オレンジ色のTシャツに手書きのテネシー大学のロゴを描いた紙をピンで留めたものを着て学校に登校した。ところが同級生にデザインをからかわれる憂き目に遭い、担任の教師によればうちひしがれていたという。

担任がこの様子をフェイスブックに投稿したところ、ボランティアーズのファンの間で反響を呼び急速に拡散。ついには同大が少年のTシャツを公式デザインとして採用する運びとなった。

担任は13日、ボランティアーズに謝意を示し、この経験から自身の生徒らが非常に有意義な教訓を得ることができたと言及。「思いやりについて活発な議論をして、生徒が思いやりを持った行動を始める様子を目の当たりにし本当に感激している」と述べた。

同大によると、Tシャツは既に5万枚以上の事前注文が入る人気ぶりで、販売による利益は全ていじめ防止団体に寄付される予定だという。

テネシー大学は先週、この少年に対し2028年の名誉入学と4年間の奨学金を約束した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]