バーの発砲で1人死亡、10人負傷 大統領候補者演説の当日 米インディアナ州

バーで発砲、1人死亡 米インディアナ州

(CNN) 米インディアナ州サウスベンド市内のバーで23日未明に発砲事件があり、1人が死亡、10人が負傷した。この日は米大統領選に立候補を表明している同市のピート・ブダジェッジ市長がタウンホール集会で演説を予定していた。

同州セントジョセフ郡の捜査当局によると、銃撃されたブランドン・ウィリアムズさん(27)は、搬送先の病院で死亡が確認された。5人が依然入院中だが、容体は安定している。残る負傷者は手当てを受けて退院した。

容疑者は今も逃走を続けているという。

サウスベンドではこの日、ブダジェッジ市長が警察署長とともにタウンホール集会に登場し、全米有色人地位向上協会(NAACP)の司会で、警官が絡む銃撃事件への対応について説明を予定していた。

これまでの選挙運動を通じて自らの指導力をアピールしてきたブダジェッジ市長だが、市内で16日、刃物を持った車上狙いと思われる男性を警官が射殺する事件が発生し、一転、批判にさらされていた。

23日のタウンホール集会は予定通りに開催され、ブダジェッジ市長は警察の改善のために尽力してきたと強調する一方で、警察の多様化を目指す取り組みや、ボディーカメラ導入の取り組みについては失敗を認めた。

16日の事件については、独立した立場からの捜査を求める方針を検察に伝えたと述べ、聴衆の拍手を誘った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]