パイロットのUFO目撃情報、米海軍が非公開で議員に説明

UFO目撃情報、米海軍が議員に説明

ワシントン(CNN) 米上院情報委員会の副委員長を含む数人の上院議員が、米海軍による一連の未確認飛行物体の目撃情報について、19日に非公開で説明を受けた。議会関係者などが20日、CNNに明らかにした。

マーク・ワーナー上院議員の広報は、「気象観測気球であれ、宇宙人であれ、全く別の何かであれ、パイロットの命を不必要な危険にさらすわけにはいかない」と強調した。

米海軍作戦本部の情報戦争担当副本部長広報も20日、上院議員に説明を行ったことを確認し、「我々の飛行士の安全と安全保障に対する脅威について理解し認識してもらうため、海軍当局者が19日、関心のある議員やスタッフに機密扱いで説明を行った」としている。

20日にも再度、関心のある議員らに説明を予定しているという。具体的な内容については、機密事項であることを理由に明らかにしなかった。

これに先立ちトランプ大統領も、16日に放送されたABCのニュース番組の中で、海軍のパイロットによる未確認飛行物体の目撃について報告を受けていたことを確認した。大統領は「UFOを見たと言っている人がいる。私が信じるかって? 特に信じてはいない」とコメントしていた。

米紙ニューヨーク・タイムズは先月、エンジンの存在も、赤外線センサーを通じた排気の形跡も確認できないUFOに、数人のパイロットが複数回遭遇したと報じていた。

海軍は4月に、未確認飛行物体の目撃情報に関する正式な報告手順を定めたことを明らかにしていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]