トランプ氏への弾劾、民主党員の中で支持広がる CNN世論調査

トランプ大統領に対する弾劾について民主党員の中で支持する割合が拡大している/Win McNamee/Getty Images North America/Getty Images

トランプ大統領に対する弾劾について民主党員の中で支持する割合が拡大している/Win McNamee/Getty Images North America/Getty Images

ワシントン(CNN) 米国のドナルド・トランプ大統領に対する弾劾(だんがい)を支持する人の割合が民主党員のなかで拡大していることが3日までにわかった。ただし、国民全体でみた場合は依然として過半数が弾劾には否定的な見方をしているという。調査会社SSRSが行った世論調査で明らかになった。

トランプ大統領に対する支持率は43%と4月の調査と変わらなかった。不支持率は52%だった。

弾劾に対する支持率は41%と4月の37%からわずかに上昇した。弾劾を支持しないと答えた人の割合は54%だった。

弾劾を支持する人の割合が増えたのは、民主党員の中で支持する人の割合が増えたことが影響しているようだ。4月時点の支持率は69%だったが、これが今回は76%に上昇した。

大学の学位を持つ白人の中でも弾劾を支持する割合が増えた。3月と4月の調査では、このグループで弾劾を支持する割合は3割に届かなかったが今回の調査では41%に上昇した。

民主党が主導する大統領選へのロシア介入疑惑の捜査について、トランプ氏はしばしば、これまでの大統領よりも多くの捜査に直面していると反発を示している。国民の65%もトランプ氏がこれまでの大統領よりも多くの捜査に直面していると考えている。

ただ、このことがトランプ大統領にとって不公平かどうかについては見方が割れているようだ。トランプ大統領が直面している捜査について事実に基づく理にかなったものだと考える人の割合は47%だった。事実に基づく当然のものではないと考える人の割合は44%だった。

今回の世論調査は5月28日から31日にかけて全国の成人1006人を無作為に抽出して固定電話もしくは携帯電話でインタビューを実施した。誤差の範囲はプラスマイナス3.8パーセントポイント。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]