トランプ大統領、メキシコに5%の関税表明 移民対策要求

トランプ米大統領が、メキシコに追加関税を課す意向を表明した/MANDEL NGAN/AFP/AFP/Getty Images

トランプ米大統領が、メキシコに追加関税を課す意向を表明した/MANDEL NGAN/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) トランプ米大統領は30日、メキシコが移民対策を強化しなければ、同国からの全輸入品に6月10日から新たに5%の関税を課すと表明した。メキシコが対策を講じない場合、段階的に税率を引き上げる方針。

トランプ氏は声明で、関税適用は「国際緊急経済権限法(IEEPA)」に基づき実施すると説明。解除するのは「メキシコの効果的な措置を通じて不法移民をめぐる危機が緩和された場合」のみだとしている。

声明によると、メキシコが要求に応じない場合、税率を7月までに10%、8月までに15%、9月までに20%に引き上げ、10月からは25%に恒久的に据え置く。

不法移民流入が増加するなか、トランプ氏は国境問題へのいら立ちを深めている。壁建設費調達の試みは民主党によっておおむね阻止された。トランプ氏は南部国境への大量の移民流入を許しているとして、中米諸国に批判の矛先を向けている。

トランプ氏は声明で、「米国はメキシコ経由で不法入国する数十万人の移民によって侵略を受けている」と主張。不法移民の持続的な流入で学校や病院が過密状態になり、福祉制度が圧迫され、数え切れない犯罪が起きているとした。

ただ、トランプ氏が対メキシコ関税導入を表明したことで、「北米自由貿易協定(NAFTA)」に代わる「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」に暗雲が立ちこめる可能性もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]