米政府閉鎖、一時的に解除へ 壁先送りでトランプ氏譲歩

米政府閉鎖、一時的に解除へ 壁先送りでトランプ氏譲歩

(CNN) トランプ米大統領は25日、ホワイトハウスで演説し、政府機関の一部閉鎖を一時的に解除することで議会と合意したと明らかにした。つなぎ予算に国境の壁の建設費用は含まれておらず、トランプ氏が譲歩した形だ。

政府閉鎖が35日目に入るなか、トランプ氏は姿勢軟化を余儀なくされた。

民主党は昨年12月以来、壁建設費をめぐる交渉よりも政府再開が先決だと強調してきた。トランプ氏は抵抗を続けてきたものの、今回は折れた。

トランプ氏が後押しを表明したことを受け、議会は政府再開に向けた予算案の可決を急いでいる。

ただ、トランプ氏が演説で融和的な姿勢を見せたり、敗北を認めたりすることはなかった。むしろ、改めてこの問題を国家安全保障上の危機と位置づけ、議会が新たな壁建設予算について合意できない場合、再び政府閉鎖が起きる可能性もあると主張した。

また「私には強力な代替手段があるが、今回は使わない」とも述べた。CNNは24日、ホワイトハウスが国家非常事態宣言の草案を準備したと報道。連邦政府の資金数十億ドルを壁建設に充てる可能性があると報じていた。

トランプ氏が合意した措置は、民主・共和両党の議員が国境警備予算について協議する間、連邦職員への給与支払いを再開する内容。トランプ氏はこの数週間、政府再開の措置には壁建設費として57億ドルを盛り込むよう求めていたが、共和党議員からの圧力が高まり、航空機運航に影響も出るなか、民主党の要求に応じた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]