米最高齢の男性死去、112歳 第2次大戦退役軍人でも最高齢

米国最高齢で、第2次世界大戦にも従軍したリチャード・オーバートンさんが死去した/Getty Images

米国最高齢で、第2次世界大戦にも従軍したリチャード・オーバートンさんが死去した/Getty Images

(CNN) 米国最高齢の男性だったリチャード・オーバートンさんが27日午後に死去した。112歳だった。オーバートンさんの家族がCNNに確認した。

オーバートンさんは第2次世界大戦に参加した退役軍人としても米国最高齢で、来年5月11日には113歳になるはずだった。肺炎で入院していたという。

1942年、志願して陸軍に入隊。航空技術者の部隊の一員として太平洋の島々で従軍した。

オバマ前大統領は2013年、退役軍人の日にアーリントン国立墓地で行われた式典でオーバートンさんをたたえ、「彼は真珠湾にいた。そのとき戦艦には火がくすぶり続けていた。沖縄にも、硫黄島にも彼はいた」と強調。オーバートンさんが「戻れたのは、ひとえに神のご加護のおかげだ」と述べたことに言及していた。

オーバートンさんは当時、CNNの取材に、戦争については考えたくも話したくもないと語り、「全て忘れた」と話していた。

CNN提携局のKXANによると、オーバートンさんはテキサス州オースティンに長年在住。住居のある通りは「リチャード・オーバートン通り」と名付けられている。

テキサス州のアボット知事は声明で、オーバートンさんのことを「アメリカの象徴であり、テキサスの伝説」と形容。「機知に富んだ優しい方で、多くの人の人生に感動を与えた。私自身、知り合えたことを光栄に思っている」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]