米冒険家、南極大陸を無支援で単独横断 史上初

米冒険家、南極大陸を無支援で単独横断

(CNN) 米国人冒険家のコリン・オーブレイディさんがこのほど、初めて南極大陸を助けなしに単独で横断することに成功したと発表した。

オーブレイディさんは、南極大陸を54日かけて踏破した。26日のインスタグラムへの投稿によると、最後の約130キロは32時間以上連続で進み続け、一気にゴール地点に到達。「ついにやった!」と宣言した。

インスタグラムに投稿された写真でオーブレイディさんの後ろに写っている木製の柱は、ゴール地点となったロス棚氷の標識だという。インスタグラムにはこう記している。

「この見えない線の上でそりを止め、私は目標を達成した。史上初めて、南極大陸の沿岸から沿岸へ、たった一人でサポートも支援もなしに横断した」

「最後の32時間は私の人生の中でも特に困難な時間だったが、私が経験した中で最高の瞬間でもあった。私は終始、深いフロー状態にあり、最終目標に集中しながら、心の中ではこの旅で学んだ教訓を思い起こしていた」

オーブレイディさんはロンネ棚氷を出発して南極点を目指し、そこから大陸を横断してロス棚氷に到着した。この間インスタグラムでは、暴風や氷点下の気温、視界が白一色となるホワイトアウト現象と戦いながら旅を続ける様子を伝えていた。途中では起伏の激しい地点や雪と氷が風にさらされて波打つ地点を何度も乗り越えていた。

南極大陸の単独横断は、2016年にも英国の探検家ヘンリー・ワースリーさんが挑んでいた。ワースリーさんは助けなしで71日間、旅を続けたが、ゴールまであと50キロを切った地点で救助が必要になり、後に感染症のため死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]